ゆとりある生活と賃貸物件

ゆとりある生活と賃貸物件

賃貸物件の設備の所有者の確認

ゆとりある生活と賃貸物件
賃貸物件には、エアコンや照明・コンロ・給湯器など様々な設備があり、設備には、契約の時にもらう重要事項説明書にその一覧がついていますが、物件にはついているのに重要事項説明書には記載が無い設備があるのですが、その設備を残置物と呼ばれ、残置物は、前の入居者が購入をして設置したまま物件から退去していった物です。特に、照明やエアコンなどが多く、前の入居者が次の入居先に設備があるので、そのまま置いていった物の様です。設備と残置物については、どちらも設備になるのですが、壊れてしまった時には、設備は、故意や過失でない限り、入居者負担ゼロで修理をしてもらえます。負担ゼロですので、ありがたいと思いたい所ですが、壊れてしまった場合には、入居者が勝手に修理する事が出来ないのです。

物件の所有者と設備は、貸主が所有者となるからで、修壊れてしまったら、不動産会社や貸主に連絡が必須です。残置物は、前の入居者が置いていった物なので貸主は所有者ではないので、貸主が修理負担をしてくれないのです。壊れた残置物をそのまま使いたい場合には、自己負担、自分の責任を持って修理業者を手配し、直してもらいます。物件についている照明やエアコンなど、設備なのか、残置物なのかの確認は、入居後の生活において大切な事になるので、契約前にしっかりと確認が必要です。

Copyright 2017 ゆとりある生活と賃貸物件 All Rights Reserved.