ゆとりある生活と賃貸物件

ゆとりある生活と賃貸物件

賃貸物件の改造について

ゆとりある生活と賃貸物件
賃貸物件は、穴を開けたり傷をつけたりしてはいけなく、自分好みのへやに変えることが出来ないイメージが強いです。借り手が現状回復して物件を返すことが前提とした契約になっています。ですが大家さんの許可があれば出来るのです。大家さんに利があれば承諾してもらえる可能性が高いです。例えば、畳をフローリングに変えたいという提案。時代を反映している為物件の価値が上がると思われます。それから費用は自分もちで個性的な部屋を作りたいという申し出。自分でずっと住み続けるのもありだし、現状回復が必要なのはあくまでその部屋を立ち去る時です。もしかしたらその部屋が、他の人にとっても魅力的で高い家賃を払ってでも住みたいという人が現れる可能性もあります。

そこまで大がかりにやる必要はないという方。小さな改造で壁紙を張り替えて気分を一新したいと思った時にはまず、不動産屋に連絡をして大家さんに了解をとってもらいます。部屋のどの部分をどうするかを告げて、現状回復の手段も告げて下さい。トイレも快適な生活に重要なポイント。温便座やウォシュレット、ビデつきの便器など機能も様々。トイレ設置の工事は一日であっさり改造が完了してしまいます。

注目情報

Copyright 2017 ゆとりある生活と賃貸物件 All Rights Reserved.