ゆとりある生活と賃貸物件

ゆとりある生活と賃貸物件

賃貸物件ルームシェアとコレクティブハウジング

ゆとりある生活と賃貸物件
賃貸物件の形の一つとしてルームシェアがあります。一軒家やひとつのファミリー向けのマンションを二人以上の複数で共同で借りるというもの。メリットとしては、キッチンや洗面所、お風呂場などの共有スペースが単身向けよりも広くて豪華なものになる可能性が高いこと、一人一人の家賃の節約になること、誰かが家の中にいるという安心感が得られるということです。デメリットは、一つの家なので各部屋によって向きや広さ、日当たりが違うため賃料の違いが出てくると思いますが、その不満の出ない調整が必要であること。それからお互いに気持ち良く生活する為に細かいルールを決めておくことも大切です。

ゴミだしの仕方や料理はどうするのか、冷蔵庫の使い方、掃除の仕方、音が出る機械の使用についてなどなど後々にトラブルになったり、ストレスを溜めることにならないようにしっかり取り決め、親しき中にも礼儀ありと心得ることが長く快適に過ごす秘訣です。また、耳慣れない言葉でコレクティブハウジングというものがあります。これは、世代をこえた他人同士が一軒家や集合住宅に住むというものらしいです。老夫婦、若夫婦、学生やOLなど年齢も性別も職業も様々なな人同士が、一つ屋根のしたに暮らすという変わったスタイルです。子育手や食事の用意を一緒にしたい、人とつながりを持ちたい時に活用出来る共有スペースが特徴です。

Copyright 2017 ゆとりある生活と賃貸物件 All Rights Reserved.