ゆとりある生活と賃貸物件

ゆとりある生活と賃貸物件

今更聞けない賃貸の間取りの記号

ゆとりある生活と賃貸物件
賃貸を探す時に必ず見るのが、間取りを簡略化したアルファベット記号です。ネットで検索する際は、物件を絞り込むために先に1Kとか1LDKなどを選択して絞り込む仕様になっています。この間取りを簡略化したアルファベットの意味を、何となく知っていても、一つ一つ聞かれると答えられない方が結構います。

Kがキッチンを表すのは多くの方がご存知でしょう。キッチンが仕切られている場合はKの表示があります。単身用によく見られる1Rの部屋は、キッチンはあるものの、部屋との仕切りがないワンルームの事です。Dはダイニングです。Lはリビングルームです。ダイニングとリビングの違いは、ダイニングは食事をとる少し狭いスペース、リビングルームは家族が集まる少し広めの部屋です。これらのアルファベットの前にある数字が、記号で表された部屋以外の部屋数です。その他、Sはサービスルームです。建築基準法で決められた居室とは認められない部屋です。窓も少なく採光も悪いので、納戸として利用するスペースです。CLはクローゼットです。WCLになるとウォークインクローゼットでクローゼットより広いスペースになります。SBはシューズボックス、MBはメーターボックス、PSは水回りのパイプが通っている場所です。これらは居住スペースにはなりません。記号はなんとなく知っているのではなく正しく知っていれば、間取り図を正確に読み取るが出来るの便利です。

注目情報

Copyright 2017 ゆとりある生活と賃貸物件 All Rights Reserved.