ゆとりある生活と賃貸物件

ゆとりある生活と賃貸物件

賃貸契約に必要な費用といつ払うのかについて

ゆとりある生活と賃貸物件
賃貸物件を借りる時には、家賃だけ用意すればいいというわけにはいきません。初期費用として、家賃意外にもいろいろな名目のお金が必要です。初期費用としてよく言われるのが、これから借りる物件の家賃の6か月分です。物件によって違いはありますが、6か月分の内訳としてポピュラーなものが礼金と敷金が2か月分ずつ、それに不動産会社への仲介手数料と最初の家賃1か月分です。最近は物件市場が借り手市場に傾いているという背景もあって礼金ゼロまた手数料ゼロの物件も登場していますが、引越し費用や保険料なども必要になりますから予算は多めに組むと安心です。

礼金・敷金・最初の家賃は正式に契約をする時に支払います。礼金は部屋を借りるお礼として家主さんに払い、敷金は家賃を滞納してしまったケースなどに備えて家主さんに預けておくお金です。最初の家賃と一緒に、正式契約の時に用意します。仲介手数料は、家主さんと借り手の間の立場で物件の紹介をした不動産会社に対して支払うお金です。宅地建物取引業法という法律で手数料の上限が家賃の1か月と決められているため、手数料は1か月分とされている物件が一般的です。またこの仲介手数料は成功報酬の形になっていますから、正式に契約が成立してはじめて不動産会社は手数料を請求することができます。

Copyright 2017 ゆとりある生活と賃貸物件 All Rights Reserved.